渡された明細レシート保有義務はないのか?正解について冒頭にお伝えすると保有する重要な意味は特段ないというのが解答です。人によれば保管することで自分が証拠をとっておきたいという場合保管しておけばいいのだし、反対にそういった証拠は無くても困らないという場合には保管しておく必然性はないでしょう。しかし月々受け取る使用履歴との確認の時にはこういったレシートが不可欠なのです。レシートをそこまでは保管していないとなるとどの場所で何月何日どのくらいの金額を使用したのかというのが明確でなくなってしまうだけに限らず、誤った請求の他ダブりの照らし合わせすらすることができなくなってしまうから気をつけなければなりません。特段クレジットを決済した大きさについては利用レシートを持っていないと覚えていることはできません。せめて明細書類が送付されてくる1ヶ月・2ヶ月前後は明細を捨てないようにして頂きたい。クレジットの利用レシート廃棄の方法→クレジットカードの利用レシート処分の手段は非常に簡単なのです。人に不正な使用をされないようできるだけバラバラに裁断して捨てるだけで良いのである。簡単なシュレッダーが自宅で使えるのであれば利用するのが良いでしょう。カードの利用を記載する明細レシートなのであるから、クレカ番号など、機密情報の内容について知られてしまう情報がいっぱい記載されています。ただのレシートとは思わず処分は注意して行うべきです。一方、近頃は安全対策のために明細レシートにクレジット番号などの機密情報が表示されないことも出ているが安全と思い込むことは禁物である